徳島県鳴門市にある四国霊場八十八ヶ所第一番札所の霊山寺(リょうぜんじ)を紹介します

第一番札所 霊山寺 (りょうぜんじ)
所在地 / 連絡先 徳島県鳴門市大麻町板東126 / 088-689-1111
山号 / 院号 笠和山(じくわさん) / 一乗院(いちじょういん)
御詠歌 霊山の釈迦のみ前にめぐりきてよろずの罪も消え失せにけり
本尊 / 宗派 釈迦如来 / 高野山真言宗

四国霊場八十八ヶ所のアルバムへ戻る



仁王門


真新しい提灯でした


水屋


まずはここで手を清めましょう


仁王門付近には大きな池があります


かなりの数の鯉が泳いでいました


おっ! 珍しい白い鳩を発見


これは・・・ なんでしょうね


池付近から仁王門方面


こちらにも・・・ いました


多宝塔


鐘楼


本堂へ


本堂


厳かな雰囲気です


灯りが美しい・・・


天井には見事な龍の絵が


大師堂


千羽鶴が凄い数ありました


こちらにはおみくじがたくさん


不動明王です なんだか目が優しい


十三仏


納経所は駐車場の横にあります


四国霊場開創千二百年記念スタンプ入納経帳


御本尊御影 赤は四国霊場開創千二百年記念の御本尊御影


カラーの御本尊御影袋


霊仙寺 付近

四国霊場八十八ヶ所のアルバムへ戻る

四国霊場八十八ヶ所 第一番札所 霊仙寺(りょうぜんじ)

徳島県鳴門市のJR高徳線坂東駅のすぎ北に、四国霊場八十八ヶ所第一番札所の霊仙寺(りょうぜんじ)はあります。
山号:竺和山(じくわざん)・院号:一乗院(いちじょういん)・本尊:釈迦如来・宗派:高野山真言宗
御詠歌:霊山の釈迦のみ前にめぐりきてよろずの罪も消え失せにけり
霊仙寺は天平年間(729〜749)に行基が聖武天皇の願いにより開基したとされているようです。
その後の弘仁6年(815)に弘法大師が人間の持つ八十八の煩悩をなくそうと
四国に八十八の霊場を開こうと決意してこの地を訪れたとなっています。
まず立派な仁王門をくぐって境内に入ると右手に大きな池が目に入ります。
かなりの数の鯉が泳いでいて、ちょっと豪華な和庭園のような雰囲気でした。
すぐ左手には多宝塔を見ながらまずは本堂でお参りをします。周辺の木の枝にはおみくじがたくさんありました。
さきほどの多宝塔ですが、天正年間(1573〜1592)にアニメにもなってしまった有名武将の
長宗我部元親の攻撃で堂塔が炎上したとかいう記録が残っているそうです。
ファンだったのになんちゅーことをやってるんやと思った山湯っくんでした。