四国(愛媛県・香川県・徳島県・高知県)の花のある風景を紹介します

花のある風景のアルバム

TOPページに戻る

2月に咲く花


五明の梅 (9)
(愛媛県松山市)

3月に咲く花


大角公園の河津桜 (6)
(愛媛県今治市)

4月に咲く花


加茂川の桜 (6)
(愛媛県西条市)

8月に咲く花


蛇越池のサギソウ (3)
(愛媛県今治市)


蛇越池のミソハギ (3)
(愛媛県今治市)

9月に咲く花


ツリガネニンジン (4)
(愛媛県今治市)


足摺岬のハマカンゾウ (6)
(高知県土佐清水市)

11月に咲く花


大角公園のツワブキ (6)
(愛媛県今治市)



TOPページに戻る

四国(愛媛県四国(愛媛県・香川県・徳島県・高知県)の花のある風景を紹介します。
写真はガイド資料ではなく、あくまでもイメージとしてお考えください。

松山市 五明の梅
愛媛県は松山市五明。国道317号線を奥道後から今治方面へと右手に石手川ダムの
白鷺湖を見ながら走るとまもなく左方向に五明口の分岐に出会う。
県道179号線、湯山北条線へと左折してほんの数キロ。
進行方向左側の小高い山の斜面がピンク色になっている。
誰か手入れをしているのか、それとも昔は梅畑だったが今はそのままになっているのか。
梅としては結構大きな木が数十本群生状態で咲いている。

今治市 蛇越池湿地のサギソウとミソハギ
国道196号線を今治市から西条市方面へ走ると右側に道の駅湯ノ浦温泉が見えます。
そこからすぐ近くの孫兵衛作の左方向に蛇越池はあり、その湿地帯に
サギソウとミソハギは咲いています。
休暇村瀬戸内東予への上がり道沿いですね。
位置的には今治市と西条市のちょうど境目のあたりになります。
サギソウは鳥のサギが飛んでる姿に見えるため名づけられたらしく
白くて小さな花は見る者を引き付けます。
ミソハギの紫色は周辺の緑を重なって綺麗なコントラストでした。

今治市 本郷谷のツリガネニンジン
愛媛県今治市の観光名所でもある近見山の北側に本郷川という小さな川があります。
その奥に流れる本郷谷の俗名猪田付近に毎年夏が終わったころに
水色の小さな花が誰にも知られることなく静かに咲き始めます。
ツリガネニンジンの花は花柱が長く冠は鐘形で先が5つに裂けているのが特徴です。
葉は3枚から4枚が輪生し楕円形の葉のふちには鋸歯があります。
花柱の短いソバナと間違えられるようです。

大角海浜公園のツワブキ
愛媛県今治市の波方町にある大角海浜公園は釣りやキャンプ場として有名な公園です。
そこのクジラ広場の斜面に11月ころになると黄色いツワブキの花が咲き始めます。
天気のいい日には黄色い花と青い空のコントラストがなんとも美しいものです。
ただ残念なことにこのツワブキを採って帰る人がたくさんいて
管理をしている市の関係者も困った様子でした。
ツワブキの花は写真で撮るだけにして採って帰らないようにしてくださいね。

大角海浜公園の河津桜
愛媛県今治市の波方町にある大角海浜公園は釣りやキャンプ場として有名な公園です。
そこのヒラメ広場の斜面に3月ころになると河津桜の花が咲き始めます。
4月に咲くソメイヨシノの桜の木もあるのですが一部の木は河津桜のようです。
大角海浜公園のヒラメ広場は海と砂浜が綺麗で来島海峡大橋や
遠くは大三島大橋まで見渡すことができ河津桜とのコラボは
他の公園では見ることのできない壮大さがあります。

西条市 加茂川の桜
愛媛県は西条市の加茂川。国道11号線から国道194号線へ入ってすぐに
川沿いにたくさんの桜が見事に咲いている
ここの河原では秋にいもたきが行われるため広々とした芝生の広場があり
友達や家族連れで花見をするには最高の場所だと思う。
また対岸の武丈(ぶじょう)公園には同じく芝生の広いスペースがあり
多くの出店が花見を賑やかに盛り立てている。
国道に近いこともあり工事や車の騒音が気になるところが難点。

土佐清水市 足摺岬のハマカンゾウ
高知県土佐清水市の有名観光名所の足摺岬に
夏の終わりを告げるかのようにオレンジ色のハマカンゾウが咲いています。
ハマカンゾウの花は足摺岬灯台周辺にも少しだけ咲いていますが
一番メジャーな足摺岬展望台から徒歩数分のところに東屋があり
その東屋周辺が花の数も多く綺麗に咲いているようです。
プチ感動したのは展望台の建つ切り立った断崖絶壁の岩の途中に
足元に咲いている同じハマカンゾウの花が咲いていたことです。
あんな危険な場所に咲いた花は誰にも見られることなく静かに散るんだろうな。