愛媛県今治市の近見山の北側にある本郷谷のツリガネニンジンは9月中旬ころに咲いています

本郷谷のツリガネニンジン

TOPページに戻る 花のある風景のアルバムへ戻る

2016年9月15日(木)撮影

TOPページに戻る 花のある風景のアルバムへ戻る

ツリガネニンジンの葉

本郷谷のツリガネニンジン

愛媛県今治市の観光名所でもある近見山の北側に本郷川という小さな川があります。
その奥に流れる本郷谷の俗名猪田付近に毎年夏が終わったころに
水色の小さな花が誰にも知られることなく静かに咲き始めます。
ツリガネニンジンの花は花柱が長く冠は鐘形で先が5つに裂けているのが特徴です。
葉は3枚から4枚が輪生し楕円形の葉のふちには鋸歯があります。
花柱の短いソバナと間違えられるようです。