四国(愛媛県・香川県・徳島県・高知県)の渓谷の紅葉や景色を紹介します

渓谷のアルバム

TOPページに戻る

愛媛県の渓谷

久万高原町


面河渓谷 (6)

高知県の渓谷

仁淀川町


安居渓谷 (6)

TOPページに戻る

四国(愛媛県四国(愛媛県・香川県・徳島県・高知県)の渓谷の紅葉や景色を紹介します。
写真はガイド資料ではなく、あくまでもイメージとしてお考えください。

面河渓谷
国道33号線から県道212号東川上黒岩線へと入り土佐街道(久万街道)を走ると
面河の県道12号西条久万線(石鎚スカイライン)入口に到着します。
そこからスカイラインに入らず左方向へと走ると面河渓谷です。
終点には国民宿舎面河があり、その周辺から渓流散策が楽しめます。
遊歩道もあって秋の紅葉の季節には車の入渓規制がかかるほど混雑しますが
石鎚山系から流れる渓流の水は透明で新緑の季節も違った爽やかさがあって気持ちいいです。
遊歩道の奥には淵やキャンプ場もあって年中を通して楽しめる場所だと思います。

安居渓谷(水晶淵仁淀ブルー)
国道194号線を高知県いの町の広瀬で国道439号線へと入ります。
しばらく走りいの町から仁淀川町へ通じる長い新大峠トンネルを抜けると
すぐに短い富岡トンネルに出会います。富岡トンネルを抜けてすぐに
県道362号線安居公園線へと右折します。
そこからは安居川沿いに北上していくと安居渓谷へと到着します。
周辺の渓谷はかなり澄んだ透明な水で、どこを見ても綺麗なのですが
やはりここへ来たら仁淀ブルーと呼ばれる「水晶淵」を見たいところです。
ここの渓谷は確かにブルーで感動的です。