四国霊場八十八箇所(四国遍路)第一番札所の霊仙寺(りょうぜんじ)は徳島県鳴門市にあります

第一番札所 霊山寺 (りょうぜんじ)
所在地 / 連絡先 徳島県鳴門市大麻町板東126 / 088-689-1111
山号 / 院号 笠和山(じくわさん) / 一乗院(いちじょういん)
御詠歌 霊山の釈迦のみ前にめぐりきてよろずの罪も消え失せにけり
本尊 / 宗派 釈迦如来 / 高野山真言宗

TOPページに戻る 四国霊場八十八箇所のアルバムへ戻る

霊仙寺(りょうぜんじ)

四国八十八ヶ所霊場の全行程はおよそ1460キロ、365里におよぶ。
この霊場を札所番号の順に巡拝する遍路には、ここが「発願の寺」、「同行二人」の長い旅となる。
縁起によると、聖武天皇(在位724〜49)の勅願により行基菩薩が開創された。
弘仁6年(815)、弘法大師が四国の東北から右廻りに巡教された際、この地で衆生の88の煩悩を浄化し、
また衆生と自らの厄難を攘はらって、心身の救済ができる霊場を開こうと37日間の修法をされた。
その時、仏法を説く一老師をたくさんの僧侶が取り囲み、熱心に耳を傾けている霊感を得た。
大師は、その光景が天竺(インド)の霊鷲山で釈迦が説法をしていた情景と似ていると感じとり、
インドの霊山を和国(日本)に移す意味で「竺和山・霊山寺」と名づけられた。
このときの念持仏が釈迦誕生仏像であり、本尊の前に納められたことから四国八十八ヶ所の第一番札所とさだめ、
霊場の開設・成就を祈願されたと伝えられる。
誕生仏は白鳳時代の作で、身の丈約14センチ余の小さな銅造である。
往時は阿波三大坊の一つとされ荘厳な伽藍を誇った。しかし天正10年(1582)、
長宗我部元親の兵火により堂塔は全焼した。
その後、阿波藩主・蜂須賀光隆公によってようやく復興したが、
明治24年(1891)には出火により本堂と多宝塔以外の堂宇を再び焼失している。
以来、100年の努力で往時の姿となっているが、おおかたが近年の建物である。
別格本山。地の利を生かした寺観の配置は妙で美しく、お遍路さんに彩りを添えている。
(霊場会様引用)合掌礼拝。